FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


邪仙の術により捕われ力の殆どを奪われた茨木華扇
いまや彼女の片足は天井から吊り下げられ、
里人を魅了してやまないその豊満な体つきも完全に曝け出されている

首筋、顎の下、耳たぶ、乳輪、みぞおち
急所を外しつつ焦らすような邪仙の愛撫は既に彼女の躯を芯から蕩けさせていた
股間に広がる肉の畝は充血して火照り陰蜜を垂れ流しながらヒクついている

華扇は憎悪も露に邪仙をなじり続けたがそれももはや虚勢でしか無い

宮古芳香は邪仙の命ずるまま下を脱ぎ華扇の股間に腰をあてがった
不自然に盛り上がったスカートの下には哀れな醜男の陰茎が移植されており、
そこだけが別の生き物のようにびくんびくんと脈動している

「芳香、犯しなさい。激しく」
芳香が腰を激しく突き上げた
黒光りする肉の凶器が華扇のやわらかな秘所を割り裂いていく

ぬぷぷぷぷぷっ

「ひっ!? あっ 嫌ぁあ!! やっ、やめさせてえぇぇ お願いぃぃぃぃ!!」
「あらあら。上はともかく下のお口の方には気に入って頂けたご様子
芳香も大層悦んでおりますわ」

歌扇の肉壷は拒絶とは裏腹に一物を咥えこむと淫らに蠕動しはじめた
なめらかな襞が肉棒全体にまとわりつきにちゃにちゃと淫音を立てる

かせん


ひと挿しごとに肉の隙間からは粘りついた我慢汁と先走りが混ざった白濁が噴き出す
膣全体が別の生き物のように激しくうねり鞘に、カリ首に絡み付いてしゃぶり上げているのだ

肉棒が引き抜かれるとカリ首に絡みついた膣肉も一緒に外に引きずり出され
濡れそぼった会陰の周りを淫らに彩った

嫌・・・嫌・・・こんな・・・

華扇は己の仙人という仮面がひと突きごとにぼろぼろと剥げ落ちていくのを感じた

彼女は責めから逃れようと腰をくねらせたがその動きはむしろ自身の快楽を増幅させた
抽挿にあわせて豊かな胸肉がぶるんぶるんと揺れ
性的興奮でギンギンに勃起した乳首の先端からは玉の汗が滴り落ちる

肉棒が最奥部を叩くたび子宮の奥にも牝の快楽が刻印されていく
いつしか苦痛の叫びは押し殺した悦楽の喘ぎへと変わっていた
躯はもう完全に快楽の虜に成り果てている
心のほうもまもなくだろう

「あはアァァァァァァァァァァァァ!!」

一際高い嬌声が部屋に響く
わななく会陰からイキ汁を噴水の如く迸らせながら

彼女は堕ちた

スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

ヱナジー

Author:ヱナジー
個人サークル「穴ふたつ」の名で活動中
東方メインで関西中心
エロい絵を描いたり同人したり



DLsite.comのマイページ

ニジエのマイページ

pixivのマイページ(更新停止中)

メールアドレス
zezuscristあっとまーくgmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。